22:49 2014/12/11  現在

第78回 形の科学シンポジウム
「こころのかたち・こころのゆらぎ」

プログラム

※ 予稿登録サーバに日本語ファイル名で投稿し,代表世話人に正常に届かなかった予稿, 及び,郵送された予稿,未着予稿は含まない.

11月22日(土)(参加費不徴収の公開行事として実施します)

10:50−11:00
代表世話人 開会の辞

招待講演(こころのかたち・こころのゆらぎ)

11:00−11:50
堀川 悦夫
佐賀大学・医学部
形あるものはいつか・・・

11:50−12:40
中村 亨
東京大学・教育学研究科
精神疾患における行動制御系の破綻原理の機序解明に向けて

12:40−14:00
昼休み・運営指導委員会(弁当は各自でご手配願います)

招待講演(形の科学一般)

14:00−14:50
田中 右紀
佐賀大学・文化教育学部
肥前陶磁のかたち

招待講演(非線形非平衡物理学)

14:50−15:40
庄司 多津男(共同研究者:下岡 祐介,秦 浩起)
名古屋大学・工学研究科
平行平板放電に現れるプラズマの様々な構造

15:40−16:30
秦 浩起
鹿児島大学・理工学研究科
滴る水の形と動き

高校生の発表(高校生セッション)

16:30−16:55
小寺 星来,木下 真由美,阪口 友深(以上3名が発表者),伊東 陽菜,國澤 昂平,友野 稜太
兵庫県立加古川東高等学校
粉体時計の実現及びメカニズムの追求

16:55−17:20
松本 拓哉,赤島 しおり
福岡県立香住丘高等学校
非対称物体の変則回転運動に関する研究

17:20−17:55
石川 竜一郎,蒲原 凛太郎
福岡県立香住丘高等学校
水平軸回転物体の形と飛行距離に関する研究

18:00−
懇親会・ワークショップ(高校生セッション)


11月23日(日) 

一般講演(こころのかたち・こころのゆらぎ)

9:00−9:25
昌子 浩登,花井 一光
京都府立大学・医・物理学教室
薬剤効果の指標化のためのマウスの歩行運動解析

9:25−9:50
宮崎 修次
京都大学情報学研究科
こころのかたち・こころのゆらぎ

9:50−10:15
沓名 健一郎,平田 隆幸
福井大学大学院工学研究科
プロポーショナルなフォントの布字構成

高校生セッション(高校生の発表,○は発表者)

10:20−10:40
○田中 湧朔,○中山 雄斗,○丸内 あみる,○森ア 仁紀,中島 靖章,中澤 悠樹
佐賀県立致遠館高等学校
船の安定化には何が必要か
(講演概要は会誌第3号に掲載予定)

10:40−11:00
○江島 廉,濱江 勇希,○菖蒲 健介,酒見 真也,坂口 友哉
佐賀県立致遠館高等学校
電流が流れる導体の磁場中での運動
(講演概要は会誌第3号に掲載予定)

11:00−11:20
○原田 純季,杉谷 良太,山田 伸之
佐賀県立致遠館高等学校
触媒とエステルの生成量の関係
(講演概要は会誌第3号に掲載予定)

11:20−11:40
森 皓平,○清水 利玖,○小宮 淑,○平原 雅史,○松林 陽太
佐賀県立致遠館高等学校
Allelopathy
(講演概要は会誌第3号に掲載予定)

11:40−12:00
○池田 尚輝,梅ア 一彰,安武 郁也,○石動丸 靖迪,○久保 諒太
佐賀県立致遠館高等学校
ハノイの塔
(講演概要は会誌第3号に掲載予定)

12:00−14:00
昼休み・FORMA編集委員会(弁当は各自でご手配願います)

一般講演(形の知)

14:00−14:25
久保 光徳,奥村 恵美佳,田内 隆利,植田 憲
千葉大学
装飾に見られる力学性について−虹梁と黒薩摩に施された唐草文様を事例として

14:25−14:50
神嶋 凌介,松浦 執(発表者)
東京学芸大学基礎自然科学講座
小学生のつくる正方格子上の迷路のかたちの変化

一般講演(形の科学一般)

14:50−15:15
渡邉 尚彦
岐阜工業高等専門学校
剛体折紙の畳込み経路における特異状態

15:15−15:40
小川 直久, 金子 文俊*
北海道科学大学,*大阪大学 理学研究科
拡散方程式による開口端補正の計算

15:40−16:05
渡辺 泰成,、池上 祐司*、手嶋 吉法**、山澤 建二*
科学芸術学際研究所ISTA,*理化学研究所,**千葉工業大学機械サイエンス学科
2次元結晶学を理解する為の触覚用結晶点群の開発

16:05−16:20
休憩

一般講演(非線形非平衡物理学)

16:20−16:55
鳴海 孝之
九州産業大学工学部
走性と増殖の競合で生成する3次元パターン

16:55−17:20
日高 芳樹,前田 和也,永岡 賢一*,吉村 信次*,寺坂 健一郎**,岡部 弘高,原 一広
九大工,*核融合研,**九大総理工
液晶対流を用いた乱流の輸送現象についての実験研究


11月24日(月,祝)

一般講演(形の科学一般)

9:00−9:25
蜷川 繁
金沢工業大学
6角形セルオートマトンにおける非対称性解析

9:25−9:50
根岸 利一郎,関口 久美子,内田 正哉
埼玉工業大学
フーリエ変換を利用して連なりらせん数を決める

9:50−10:15
古屋 健、岡本 佳子、佐藤 諭佳*、佐藤 太裕*、島 弘幸
山梨大学生命環境学部,*北海道大学工学部
竹はなぜ節をもつのか? 〜剛と柔が共存する竹形態の妙〜

10:15−10:40
金築 裕
島根県立東部高等技術校
星形空間充填立体、およびその表面のフラクタル次元について

10:40−10:50
休憩

10:50−11:15
礒島 隆史
理化学研究所
有機アモルファス真空蒸着膜における非中心対称分子配向〜分子の形がつくる自発的秩序構造

11:15−11:40
種村 正美
統計数理研究所・名誉教授
面積ランダム充填―新しいランダム逐次充填問題の提起―

11:40−12:05
伊藤 圭汰,手嶋 吉法
千葉工業大学 機械サイエンス学科
正多面体の面連結から生成される螺旋構造について

12:05−12:30
内山 茂,礒島 隆史,中村 振一郎
理化学研究所
寒天培地の表面形状による微生物の増殖制御

12:30−12:55
松本 ッ生
金沢大学名誉教授
江戸鍋島焼(皿)の対称模様―数個の例

12:55−14:30
昼休み

一般講演(非線形非平衡物理学)

14:30−14:55
高木 隆司
東京農工大学
非一様温度分布における臨界現象について

14:55−15:20
山口 喜博
帝京平成大学
周期倍分岐で生じた周期軌道の記号化

15:20−15:45
植松 広一郎,宮崎 修次
京都大学大学院情報学研究科
カオス結合系の視点から見たコラッツ問題

15:45−16:10
石崎 龍二,*秦 浩起,**庄司 多津男,**濱岡 翔太
福岡県立大学人間社会学部,*鹿児島大学大学院理工学研究科,**名古屋大学大学院工学研究科
ACトラップ中の少数帯電微粒子群の平衡配置とゆらぎの統計的性質

16:10−16:35
富永 広貴, 宮崎 修次*
佐賀大学医学部,*京都大学情報学研究科
加振されたボルト上のナットの運動とその現象論的モデル系


特別展示

川村 みゆき
ユニット折り紙作家(形の科学会会員)
多面体の折紙

展示

渡辺 泰成,池上 祐司*,手嶋 吉法**,山澤 建二*
科学芸術学際研究所ISTA,*理化学研究所,**千葉工業大学機械サイエンス学科
3次元結晶学を理解する為の触覚用立体模型の開発